専業主婦でも借りれるカードローンについて

総量規制という法律をご存知でしょうか。
こちらは貸金業法の中の一つの法律です。
2010年に貸金業法が改正され、総量規制が設けられました。
中身は
年収の三分の一以上の借入禁止
専業主婦の借入の場合夫の同意を得る
などです。
年収の三分の一以上の貸付け禁止というのは、キャッシング業者による過剰な貸付けを抑制するためです。
返済能力を超えた貸付けをした結果、支払いができずに債務整理や破産などをしてしまうケースが多々見受けられたためです。

次の専業主婦の借入に関してですが、施行前は妻査定と言って収入が無い専業主婦でも夫の仕事を基に審査してもらって融資が受けられていました。
しかし、施工後は夫の同意を得た上で審査をしなければならないと変更されたのです。
法律上では夫の同意を得られれば融資は可能なのですが、同意書やそのほかいろいろ提出しなければならない書類などがあり、キャッシング業者にとって手続きがかなり面倒になってしまいました。
主婦
その結果、業務に支障をきたしてしまうかもしれないという考えから多くの業者は専業主婦の借入自体を禁止してしまったのです。
ですから、今現在、貸金業法に基づいて営業をしているキャッシング業者からは仕事をしていない専業主婦の借入はできません。
今まで普通に借りられたのに、ある日を境に借りられなくなったので、当時は大きな社会問題になりました。
しかし、専業主婦でも借りられるキャッシングはあるのです。
それは貸金業法以外の法律で営業をしている業者になります。
具体的に申し上げますと、銀行が運営している銀行系カードローンです。

銀行系カードローンは銀行が運営をしていますから、銀行法に基づいて営業しているのです。
ですから、貸金業法とは何ら関わりがないため専業主婦でも申し込みできます。
案外この部分を知らずに、専業主婦はどこからも借りられないと思い込んでいる人は多いと思います。
しかし、銀行系カードローンは総量規制対象外になりますから、専業主婦でも大丈夫なのです。
こちらの銀行系カードローンは銀行が直接運営をしていますから、銀行の強みを生かしたサービスを多数展開しています。
まずは金利面です。
消費者金融や信販などの業者ですと、最大金利は18%前後で設定されているところが多いのに対して、銀行系カードローンは15%前後となっているところもありますので、約3%も違います。

さらに、融資金額も500万円までと大きく、中には800万円までとしているところもあります。
また、銀行の支店にあるATMで融資や返済ができるようになっているため、銀行の用事のついでに手続きができます。
普通に銀行のATMを利用しているのと変わりませんから、周囲にキャッシングしていることがバレる心配もないのです。
このように、専業主婦の強い味方である総量規制対象外の銀行系カードローン。
申込もうかと考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ申し込みからしてみてはいかがでしょうか。

人気サイト

お金を借りる専業主婦S1
審査のときに見られている項目が分かります。
審査落ちにならないか不安な方はポイントを知っておきましょう。

参考サイトタイトル:お金を借りる専業主婦S1※家族に内緒で申込む銀行カードローン
サイトURL:http://www.bayareacitd.com